コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギロ 〈スペイン〉güiro

デジタル大辞泉の解説

ギロ(〈スペイン〉güiro)

グイロ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギロ
ぎろ
giroスペイン語

ラテンアメリカ音楽などに欠かせない擦奏体鳴楽器。グイロともいう。一般的形態は、くびれのないヒョウタンの中身を抜き、堅い表皮に刻み目をつけたもの。奏者は、細い棒などで刻み目を前後にこすり、鋭い音で一定のリズム音型を反復する。こうした発音形態の起源は古く、石器時代初期に用いられた刻み目つきの石や骨は、同系統の発音具と考えられる。ストラビンスキーのバレエ曲『春の祭典』やラベルのオペラ『子供と呪文(じゅもん)』などの近代楽曲に用いられることもある。[山田陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のギロの言及

【楽器】より

… その他の打楽器として,比較的少数の例であるが,古代中国などの磬(けい)のように石を打つものがある。また,日本のすりざさらやメキシコのギロのようにこすって鳴らすもの,あるいはオセアニアなどに多いがらがらのように,堅くて小さなものを一度に鳴らすタイプの楽器も,広い意味で打楽器に含めてよいであろう。
[その他]
 なお,世界の楽器のなかには,管楽器,弦楽器,打楽器のいずれにも含まれないものがある。…

※「ギロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ギロの関連キーワードシェーカー/メタル・シェーカー[shaker / metal shaker]バイオハザードV:リトリビューションベラットとギロカストラの歴史地区バイオハザードII/アポカリプスメレンゲ[merengue]マリー・アントアネットトゥアモトゥ[諸島]ラテンアメリカ音楽トゥアモトゥ諸島レッグ・ドロップコンコルド広場キュスティーヌランギロア環礁ジロカストラウーシャールホフマン物語アヒトフェルファカラバ島倉地 啓司アリブンタ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギロの関連情報