コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギーゼル ギーゼルGiesel, Friedrich Osker

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギーゼル
Giesel, Friedrich Osker

[生]1852.5.20. ビンツィヒ
[没]1927.11.14. ブラウンシュワイク
ドイツの化学者。ベルリン工科大学で学び,1876年ゲッティンゲン大学で学位取得。 78年からヒエンファブリク・ブラウンシュワイク・ブフレル社のキニン工場の技師。放射能研究の初期 (20世紀初頭) ,放射性鉱物からラジウムを精製し,世界中の研究者に供給。 W.ラムゼーと F.ソディは,この純粋なラジウム塩からヘリウムが発生していることを発見した (1903) 。ギーゼル自身にも放射性物質の出す放射線が,磁場内で陰極線と同じ方向にかたよること (1899) ,新元素アクチニウムの発見などの業績がある。放射線に起因する肺癌で死亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ギーゼルの関連キーワードノット(速さの単位)ブンゼンペリー(Matthew Calbraith Perry)アルムクビストエッケルトガビンズコンドルシーボルトシュマッケルディッセ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android