コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クウェンシュテット Quenstedt, Johann Andreas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クウェンシュテット
Quenstedt, Johann Andreas

1617~88 ドイツの古ルター派神学者。 J.ゲルハルトの甥。ウィッテンベルク大学に学び,同大学の論理学および形而上学教授 (1649) ,神学助教授 (49) ,神学教授 (60) となる。主著『神学大系』 Theologia didactico-polemica sive systema theologicum (85) を著わしたが,これはルター派神学の綱要であるとともに,古ルター派の立場を弁明したもので,ルター派正統主義教義学を代表するものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クウェンシュテットの関連キーワードオッペル

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android