コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大洲城 おおずじょう

2件 の用語解説(大洲城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

おおずじょう【大洲城】

愛媛県大洲(おおず)市大洲にある平山城(ひらやまじろ)。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。肱川(ひじかわ)の流れを利用して内堀・外堀を設け、肱川に面した地蔵ヶ嶽(じぞうがだけ)(標高20m)に築かれた。1331年(元徳3)、守護の宇都宮豊房が築城したとされる。長く宇都宮氏の居城だったが、豊臣秀吉の四国制覇により、小早川隆景が入封し、支城とした。その後、戸田勝隆が入城し、つづいて入封した藤堂高虎と脇坂安治の時代に、近世の城郭として整備された。脇坂氏の代には、地蔵ヶ嶽山頂に本丸を構えて天守を建立、また地名を大津から大洲に改めた。1617年(元和3)加藤氏が大洲藩主となり、以後12代続いた。多くの櫓(やぐら)や門は、明治時代に取り壊されたが、住民の保存活動により天守と櫓の一部は残された。しかし、天守は老朽化などの理由で、1888年(明治21)に解体された。現在、台所櫓(だいどころやぐら)や南隅櫓など4棟の櫓が現存するほか、2004年(平成16)に四重4階の天守が復元された。JR予讃本線伊予大洲駅から徒歩20分。◇地蔵ヶ嶽城(じぞうがだけじょう)、比志城(ひじじょう)、大津城(おおずじょう)ともいう。

出典|講談社
日本の城がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおず‐じょう〔おほずジヤウ〕【大洲城】

大洲市にある旧大洲藩の城。元弘元年(1331)、宇都宮豊房の創築という。慶長年間(1596~1615)藤堂高虎脇坂安治らが修築。元和3年(1617)以降、加藤氏が在城。本丸の台所櫓・高欄櫓、二の丸の苧綿櫓(おわたやぐら)、三の丸の隅櫓が現存。地蔵岳城。比志の城。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大洲城の言及

【大洲[市]】より

…城下町の形成される以前は道路交通と河川交通の交差点に発達した集落であった。1617年(元和3)以来の加藤氏6万石の城下町で,大洲城は肱川南岸の要害の地にあり,城下町はその西・南部に展開していた。大正年間以降の市街地は肱川の北岸肱北(こうほく)地区に展開したが,これは1913年肱川架橋が完成したことや,18年大洲~長浜間に開通した愛媛鉄道の駅が肱北の若宮地区に設置されたことによる。…

※「大洲城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大洲城の関連情報