コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クウォツコ Kłodzko

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クウォツコ
Kłodzko

ポーランド南西部,ドルノシロンスキェ県の工業・観光都市。ドイツ語ではグラッツ Glatz。ウロツワフの南南西約 80km,スデティ山脈のふもとに位置する。 10世紀にボヘミアの王によってつくられた町。歴史上幾度もチェコスロバキアの領土となり,18世紀半ばにはプロシアに占領された。 1945年ポーランドに戻る。中世の聖堂,城がある。食品,金属,綿織物の各工業と製紙,製糖業が盛ん。人口2万 9173 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android