クオーク・グルーオン・プラズマ(読み)くおーくぐるーおんぷらずま(英語表記)quark‐gluon plasma

知恵蔵の解説

クオーク・グルーオン・プラズマ

分かち難く結ばれたクオークを、間に働く強い力の担い手グルーオンとともにばらしたもの。クオーク同士は離れるほど強く引き合う(強い力の漸近的自由性)ので、集まって陽子や中性子などをつくるが、宇宙誕生直後は熱運動でばらばらだったらしい。2000年以来、この状態を再現したらしいとの実験報告が相次ぐ。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android