コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複合粒子 ふくごうりゅうしcomposite particle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複合粒子
ふくごうりゅうし
composite particle

2個以上の粒子が結合してつくられた1個の粒子。原子は1個の原子核数個の電子が静電気力で結合された複合粒子であり,原子核は数個の陽子および中性子が核力で結合された複合粒子である。また分子も数個の種々の原子が原子間力で結合された複合粒子である。数百種の素粒子の存在が知られるようになって,素粒子もまた基本粒子クォークの複合粒子とみなされるようになってきた。ある粒子族 (素粒子,原子核,原子,分子など) に属する個々の粒子の性質を,構成粒子の種類と性質,結合の仕方から統一的に理解しようというのが複合粒子の考えである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

複合粒子の関連キーワードフェルミ‐ヤン(楊)の粒子モデル多クォーク中間子・バリオニウムスモルコフスキーの凝結速度式クォーク・グルーオンプラズマ国際リニアコライダーポテンシャル散乱レプトクォークフェルミオンフェルミ粒子強い相互作用非局所場理論アボガドロボース粒子バハマイトバリオン坂田模型共鳴状態パリティ励起電子プレオン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android