コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサルエルケビール Ksar el-Kebir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサルエルケビール
Ksar el-Kebir

モロッコ北部,ルクス河畔にある都市。タンジール-メクネス間の鉄道の中間点。美しい庭園に囲まれた町で,小麦,野菜,柑橘類など農産物集散地。皮革,毛皮,羊毛が取引される。古くはギリシアカルタゴ植民地であったが,ローマ,ビザンチンを経て,8世紀にアラブの町として再建された。モロッコにある最も古いモスクの一つがある。その後,戦火によって破壊されたが,1912年スペインに占領されたのち再建され,スペイン人によってカサルとも呼ばれた。人口7万 3341 (1982) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android