コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クスコ彩文土器 クスコさいもんどきCuzco painted pottery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クスコ彩文土器
クスコさいもんどき
Cuzco painted pottery

インカ文明の最も典型的な土器。ペルー南部高地のクスコを中心に発達した。器形は胴部の左右に取手のついた尖底壺に特色がある。文様は褐色またはオレンジ色の化粧土の上に,赤,白,黒,黄で市松模様,簡単な幾何学文,松葉状の植物文などが描かれている。このほか小型の動物,鳥の形象取手付き浅鉢,水差しもある。インカ時代には広くアンデス一帯に伝播して,各地の土器に影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android