コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クテノミス ctenomys

世界大百科事典 第2版の解説

クテノミス【ctenomys】

外形がモグラに似た齧歯(げつし)目ヤマアラシ亜目クテノミス科(ツコツコ科)Ctenomyidaeの哺乳類の総称で,1属約32種がある。ツコツコともいう。ペルー,ブラジルからフエゴ島までの低地から標高5000mの高山までの草原や森林にすむ。体長15~25cm,尾長6~11cm,体重100~700g。アルゼンチン東部のラプラタツコツコCtenomys talarum(体長15~17cm,尾長6~7cm),アルゼンチン南部とフエゴ島のマゼランツコツコC.magellanicus(体長19~22cm,尾長7~8.2cm)などが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クテノミスの関連キーワード齧歯類

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android