コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クテノミス ctenomys

世界大百科事典 第2版の解説

クテノミス【ctenomys】

外形がモグラに似た齧歯(げつし)目ヤマアラシ亜目クテノミス科(ツコツコ科)Ctenomyidaeの哺乳類の総称で,1属約32種がある。ツコツコともいう。ペルー,ブラジルからフエゴ島までの低地から標高5000mの高山までの草原や森林にすむ。体長15~25cm,尾長6~11cm,体重100~700g。アルゼンチン東部のラプラタツコツコCtenomys talarum(体長15~17cm,尾長6~7cm),アルゼンチン南部とフエゴ島のマゼランツコツコC.magellanicus(体長19~22cm,尾長7~8.2cm)などが知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クテノミスの関連キーワード齧歯類

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android