コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クトードパゴダ クトードパゴダKuthodaw Pagoda

世界の観光地名がわかる事典の解説

クトードパゴダ【クトードパゴダ】
Kuthodaw Pagoda

ミャンマー中央部、同国第2の都市マンダレーの旧王宮の東北、小高いマンダレーヒルの中腹にある寺院。この寺院は、1857年のマンダレーの王宮建設と同時に建設が開始されたもので、ミンドン王の命により行われた第5次仏典結集の際に、2400人の僧侶が経典釈迦入滅までのすべての説法)を刻んだ大理石石版729枚を1枚ずつ収めた白い小さなパゴダ(仏塔)がある。730番目のパゴダには、この経典が完成するまでの経緯を刻んだ石版が収められている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android