クネネ川(読み)クネネがわ(英語表記)Cunene

  • Rio Cunene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別綴 Kunene。アンゴラ南西部の川。同国中西部,ウアンボ付近に源を発してほぼ南流し,ナミビア国境に近いルアカナ瀑布付近で西に流れを変え,ナミビアとの国境の一部を形成して大西洋に注ぐ。全長約 945km。ナミブ砂漠に吸収され,河口では水量が少く,乾季には砂州で河口が閉ざされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカ南西部、アンゴラ中央部のルンダ丘陵に発し、南流したのちナミビアとの国境をなしながら大西洋に注ぐ川。全長960キロメートル、流域面積10万5000平方キロメートル。硬岩塊が分布するため滝や早瀬が数多くあり、なかでも落差約80メートルのルアカナ滝は最大のものである。早瀬や滝は水力発電として利用されている。

[堀 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android