クノニア(英語表記)red alder

世界大百科事典 第2版の解説

クノニア【red alder】

南アフリカ産の常緑小高木(イラスト)。クノニア科に属し,観賞用に栽植されることがある。時には高さ15mに達することもある無毛の樹木。葉は対生し,5~7小葉から成る奇数羽状複葉で,新芽を保護する早落性の大きな托葉を有している。小さな花は腋生(えきせい)する長さ20cmほどの円柱状の総状花序につき,花弁は5枚,おしべは10本。材は軽く,耐水性があり,みがくと光沢を生じるので,家具材などに使われる。 クノニア属Cunonia南半球ニューカレドニアに十数種あり,クノニア1種が南アフリカに分布するという隔離分布をしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android