コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クノル合成 クノルごうせいKnorr synthesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クノル合成
クノルごうせい
Knorr synthesis

β-ジカルボニル化合物とアミン類との反応によってキノリン,ピラゾールおよびピロール誘導体を合成する方法。 L.クノルが発見した。窒素を含む複素環式化合物の合成法として有用。キノリン誘導体は,アセト酢酸エステルと芳香族アミンとの反応で生じるアニリドを,硫酸で脱水縮合させて得られる。ピラゾール誘導体は,β-ジカルボニル化合物にヒドラジンあるいはフェニルヒドラジンなどを反応させて得られる。ピロール誘導体は,γ-ジケトンまたはγ-ケト酸とアミンとの縮合反応によって得られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android