コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモガタウミウシ Platydoris speciosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クモガタウミウシ
Platydoris speciosa

軟体動物門腹足綱ウミウシ科。体長 10cm,体幅 6cm。体は大型,楕円形で背面は多少ふくらみ,周縁波状に凹凸がある。腹面は扁平。皮膚は骨片を含み,硬く革質。背面は黒褐色の地に濃淡茶褐色の斑がある。後背の肛門のまわりに6葉の大きい鰓があり,また前背に1対の触角がある。腹面は橙黄色で足をめぐる肉帯には茶褐色の斑がある。房総半島以南の本州太平洋岸の潮間帯の岩礁にすみ,干潮時に腹面を上にして転がる習性がある。また,肉帯の周縁を自切する。産卵期は5~7月で,卵帯は橙黄色で岩上に渦巻状に付着し,遊離縁には波状にひだがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クモガタウミウシの関連キーワード大鰓海牛

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android