コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付ける/附ける/着ける/点ける ツケル

3件 の用語解説(付ける/附ける/着ける/点けるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つ・ける【付ける/附ける/着ける/点ける】

[動カ下一][文]つ・く[カ下二]
あるものが他のものから離れない状態にする。
㋐表面に密着させる。くっつける。付着させる。「おしろいを―・ける」「マニキュアを―・ける」「扉に金具を―・ける」
㋑主となるものに他のものを加える。何かに添えたり、付属させたりする。「利息を―・ける」「振り仮名を―・ける」「部屋にクーラーを―・ける」
㋒あとを残す。あとに残るように書きとめる。しるす。印する。「しみを―・ける」「日記を―・ける」
㋓ある性質・能力などがそなわるようにする。「悪知恵を―・ける」「技術を身に―・ける」
㋔ある物事・状態・作用などを新たに生じさせたり、増し加えたりする。「雪をかいて道を―・ける」「丸みを―・ける」
(着ける)
㋐からだにまとわせたり、帯びたりする。衣服などを着る。着用する。「はかまを―・ける」「犬に首輪を―・ける」
㋑乗り物をある場所に寄せ止める。「船を岸に―・ける」「車寄せに―・ける」
㋒からだのある部分を何かに届かせる。近寄せて触れさせる。「頭を地に―・ける」「頬と頬を―・ける」
㋓ある場所に位置させる。命じて一定の所にいさせる。「走者をスタートラインに―・ける」

㋐あとに続き従わせる。あとに続く。「好位置に―・けている」「2位に―・ける」
㋑ある立場に心を寄せさせて従わせる。「味方に―・ける」
㋒人をそばに置く。そばにいさせて世話をさせる。「ボディーガードを―・ける」「付き添いを―・ける」
㋓あとを追う。尾行する。「少し離れて―・けて行く」
ある働きを発動させる。活動を開始させる。
㋐働きを盛んにする。「食欲を―・ける」「元気を―・ける」
㋑(点ける)燃えるようにする。また、あかりをともす。スイッチなどを入れて器具を作動させる。「枯れ草に火を―・ける」「電灯を―・ける」
㋒五感でとらえる。感覚器官を働かせる。注意を向ける。「気を―・ける」「目を―・ける」
ある定まった状態をつくり出す。
㋐解決させる。落着させる。まとめる。「話を―・ける」「けりを―・ける」
㋑ある名前や値段にする。「題名を―・ける」「時価で値を―・ける」
㋒意志を固める。「決心を―・ける」「死ぬ覚悟を―・ける」
連歌・俳諧で、前の句にうまくつながらせて、あとに句をつづける。
器に盛ったり燗(かん)をしたりして、飲食物を用意する。「御飯を―・ける」「一本―・けてくれ」
(「…につけ」「…につけて」の形で)…に関連して。…に伴って。…の場合も。「何事に―・け相談してください」「よきに―・け悪しきに―・け」「暑さ寒さに―・けて故郷を思う」
(動詞の連用形に付いて)
㋐それをすることが習慣になっている、しなれている意を表す。「履(は)き―・けている靴」「行き―・けない場所」
㋑相手に対してなされる行為の勢いが激しい意を表す。「たたき―・ける」「しかり―・ける」
㋒その行為が、ある対象に向けられる意を表す。「言い―・ける」
㋓到着する、または来させる意を表す。「駆け―・ける」「呼び―・ける」
㋔しっかりととどめる意を表す。「心に刻み―・ける」
㋕鼻や目で感じとって、何かを探り当てる意を表す。「嗅(か)ぎ―・ける」
[下接句]跡をつける糸目を付けない色を付ける因縁をつける後ろを付ける尾に尾を付ける尾鰭(おひれ)を付ける折り紙を付ける方を付ける金に糸目は付けぬ眼(がん)を付ける気を付けるけちを付けるけりを付ける黒白(こくびゃく)を付ける・腰に付ける・先鞭(せんべん)をつける・田にも畦(あぜ)にも腥物(なまぐさもの)つけて知恵を付ける注文を付ける提灯(ちょうちん)を付ける唾(つば)を付ける手が付けられない手を付ける取って付けたよう難を付ける難癖を付ける猫の首に鈴をつける熨斗(のし)をつける箔(はく)を付ける箸(はし)をつける火を付ける・眉(まゆ)に唾をつける・身に付ける見切りを付ける味噌(みそ)をつける道を付ける目を付ける目処(めど)を付ける目鼻を付ける目星を付ける目安を付ける勿体(もったい)を付ける文句を付ける楊枝(ようじ)に目鼻を付けたよう渡りを付ける

づ・ける【付ける/附ける】

[接尾]《動詞下一段型活用[文]づ・く(下二)。動詞「つ(付)ける」から》名詞に付いて動詞をつくる。
その物事を他に付け加える意を表す。「関係―・ける」「元気―・ける」
その物事を他に与える意を表す。「位置―・ける」「性格―・ける」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

づける【付ける】

( 接尾 )
〔動詞下一段型活用。「つける」の転〕
名詞に付く。
その物事を他につけ加える意を表す。 「元気-・ける」 「関係-・ける」
その物事・事柄を他に与える意を表す。 「位置-・ける」 「性格-・ける」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付ける/附ける/着ける/点けるの関連キーワード絎ける煤ける蒸ける蓬ける設ける痩けるささ・ける冷ける老けるふや・ける

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone