コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

え〔へ〕【方】

[接尾]おおよその位置・方向・時間などを表す。…のあたり。…のころ。「行(ゆく)」「古(いに)し」→へ(方)

かた【方】

[名]
方角。方向。むき。「西のを望む」
物事の方向。決着。始末。
時間上の方向。ころ。とき。時節。「来しを思う」
《方角を示すことによって間接的に》人をさす敬った言い方。「女の」「乗り越しの
方法。手段。「せんもない」
対として考えられるものの一方。人数を二組に分ける場合にいうことが多い。
「―の人、男女居わかれて」〈・一四三〉
方面。箇所。関係する点。
「和歌の―にもいみじう染ませ給へり」〈栄花・月の宴〉
そのようなありさま。ようす。
「おのづから軽(かろ)き―にぞおぼえ侍るかし」〈・帚木〉
[接尾]
動詞の連用形に付いて、方法・手段、また、ようす・ありさまなどの意を表す。「ひもの結び」「車の混み
動詞の連用形や動作性の漢語名詞に付いて、…すること、の意を表す。「打ちやめ」「調査を依頼される」
他人の氏名などに付いて、その人のもとに身を寄せていることを表す。「中村さん」「田中太郎様
数を表す語に付いて、人を数えるのに用いる。現在では、「お」を冠して、丁寧な言い方として用いられる。「おひと」「おふた
《「がた」とも》名詞に付く。
㋐二つあるものの一方の側、また、それに属する人を表す。「相手」「母
㋑その物事を担当する係であることを表す。「まかない」「会計
《「がた」とも》数量などを表す名詞に付いて、だいたいそのくらいの意を表す。「三割安い」「八割片付いた」
方向の意を表す。
「いづ―に求め行かむ」〈伊勢・二一〉

がた【方】

[接尾]
人を表す名詞に付いて、複数の人々を尊敬していう意を表す。「先生」「奥様
時に関する名詞や動詞の連用形に付いて、だいたいその時分という意を表す。「暮れ」「明け
かた(方)56」に同じ。
達(たち)用法

けた【方】

[名・形動ナリ]《「けだ」とも》四角な形。方形。また、かどばったさま。
「―なる形に作りたる円柱の廊」〈鴎外訳・即興詩人

ほう〔ハウ〕【方】

方向。方角。方位。「西の」「駅のへ歩く」「声のするを見る」「九州のに行く」
部門・分野を漠然と指す語。その方面。また、指し示すものをあいまいにするために使う語。「将来音楽のへ進みたい」「そのでは有名な人だ」「父は防衛省のに勤めています」「近ごろおうちのはいかがですか」「薬の効果のはいかがなものでしょう」
二つ以上あるもののうちの一つをとりあげてさす語。「黒いが好きだ」「もっと味を濃くしたがいい」「こちらのが悪かった」
どちらかといえばこちらだという部類。「性質は臆病なだ」
物のやり方。しかた。方法。また、処方。
「あの場合ああでも為(し)なければ―が付かないんだもの」〈漱石
正方形の一辺の長さ・距離を示す語。「100里」
「―三間ばかりの狭き法廷」〈木下尚江良人の自白
[補説]2から派生して、表現をあいまいするためやぼかすために付ける、意味のない語としても用いる。「お料理のほうをお持ちしました」「お荷物のほう、お預かりします」
1990年代半ばくらいから若者の間にはやりだした。多用する話し方を「ほう弁」という。→とか

ほう【方】[漢字項目]

[音]ホウ(ハウ)(呉)(漢) [訓]かた まさに
学習漢字]2年
〈ホウ〉
起点から上下左右などに向かう直線の向き。「方位方角方向方針方方(ほうぼう)方面一方下方快方後方左方四方諸方西方前方双方他方当方南方八方両方
中心から四方に伸び出た土地。ある範囲の地域。「方外方言遠方地方
上下左右の直線で組み立てた形。四角。「方円方形方丈方眼紙正方形・前方後円・直方体
まっすぐできちんとしている。「方正
ちょうどその時点にあたる。まさに。「方今
やり方。「方策方式方便方法
特殊な技術。薬の調合法や医術。「方士方術医方漢方処方秘方薬局方
[補説]歴史的仮名遣いを「ハウ」とするが、四角や医方の意の場合は「ホウ」とする説も有力である。
〈かた(がた)〉「裏方大方親方上方里方一方味方目方夕方
[名のり]あたる・お・しげ・すけ・たか・ただし・たもつ・つね・なみ・のり・ふさ・まさ・まさし・み・みち・やす・より
[難読]貴方(あなた)吉方(えほう)彼方(かなた)彼方(あなた)彼方(あちら)彼方(あっち)此方(こなた)此方(こちら)此方(こっち)蘇方(すおう)其方(そなた)其方(そちら)其方(そっち)
何方(どなた)何方(どちら)何方(どっち)方舟(はこぶね)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

え【方】

( 接尾 )
〔名詞「へ(辺・方)」から〕
名詞、または動詞(ときに一部の助動詞)の連体形に付いて、場所・方向・時間を漠然と示す。…のあたり。…の方ほう。ころ。 「しり-」 「ゆく-」 「いにし-」

かた【方】

[2] ( 名 )
方向。方位。 「東の-、三〇里」 「職しきの御曹司を-悪しとて/枕草子 161
〔「北の方」のように、貴人を呼ぶのに居所の方角を用いたところから〕 人を敬っていう語。 「あの-は、よい-です」 「男の-」
ところ。場所。 「道なき-」 「黒羽の館代浄坊寺なにがしの-におとづる/奥の細道」
(多く下に打ち消しの語を伴って)手段。方法。 「憤懣やる-なし」 「言はむ-なく、むくつけげなる物来て/竹取」
頃。時分。 「来し-行く末」 「この世を去らんとする時にこそ、はじめて過ぎぬる-の誤れる事は知らるなれ/徒然 49
二つに分かれたものの一方。仲間。組。 「左・右と-わかたせ給ふ/源氏 絵合
味方。多く「方をす」の形で用いる。 「娘、夫の-をして/狂言・水引聟 天正本
物事の分野。方面。あたり。 「宮仕への-にも立ち馴れ/更級」 「なつかしうなまめきたる-は/大鏡 昔物語
( 接尾 )
動詞の連用形に付いて、そのことを行う方法または、そのありさまの意を表す。様よう。 「作り-」 「 話し-」 「痛み-」
人名に付いて、寄宿している場所を表す。ところ。 「山田-」
「お」を冠した数を表す語に付いて、その数の人を尊敬していうのに用いる。 「おふた-」 「お三さん-」
〔「がた」とも〕 数量や時を表す名詞に付いて、それくらい・そのころであることを表す。 「五割-高い」 「暮れ-」 「朝-」
〔「がた」とも〕 動詞の連用形や名詞に付く。
必ず相手があると予想される場合の、一方の側を表す。側がわ。 「父-」 「母-」 「売り-」 「買い-」 「敵-」
ある組織内でその方面に関係する人を表す。係。担当。 「囃子はやし-」 「衣装-」 「道具-」
それをすることを表す。 「撃ち-やめ」 「依頼-お願いします」 → がた(方)

がた【方】

( 接尾 )
人を表す名詞に付いて、その複数の人を尊敬していうのに用いる。 「あなた-」 「先生-」 「御婦人-」
かた(方) 」に同じ。

けた【方】

( 形動ナリ )
〔「けだ」とも〕
かどがあるさま。四角いさま。 「面は-におはしまして/折たく柴の記」
まじめなさま。かたいさま。 「独り正しき者は危く至而いたつて-なる時は礙さわるとかや/洒落本・戯言浮世瓢簞」

ほう【方】

( 名 ・形動ナリ )
方角。方向。方位。 「南の-へ行く」 「私の-を見なさい」
方面。部門。分野。 「将来は医学の-に進みます」 「スポーツの-は苦手だ」
対立的に存在するものの一方。がわ。 「こちらの-こそお世話になっています」 「相手の-から苦情が出た」
二者を取り上げて比較した時の一方。 「兄より弟の-が背が高い」 「どうせするなら早い-がよい」
どちらかと言うと、そういう性質のあるもの。たぐい。 「彼は親切な-だ」 「私は寝つきがよい-だ」
方法。手段。 「連絡する-がない」
正方形の各辺。 「 -三寸の金印」
四角形。方形。その形であるさま。 「亦-なる石を磨きて、其の面に更に経の文を写して/今昔 7
薬の調合法。処方。 「漢-」 「薬ノ-/日葡」 〔 (1) から、言葉をぼかしたり婉曲に言ったりする場合にも用いられる。「銀行の-に勤めています」「最近お体の-はいかがですか」 (2) ただしそのようにぼかしたり遠回しに言ったりする必要のない場面やの対比・比較の用法でもない場合にも用いられることがある。「お会計はカードの-から精算させていただきます」 (3) 歴史的仮名遣いは、「はう」とされているが、古くは意味によって区別があり、方角などの意のときは「はう」、四角や処方の意(すなわち)のときは「ほう」であるともいわれる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【五方・五部】より

…朝鮮,百済が538‐660年の間実施した地方および王都の軍政区画。百済は王都を泗沘(しひ)(忠清南道扶余)に移すと,三国対立の激化に備えて,王都と地方の政治体制を軍政化した。…

【数】より

…次の段階は正の分数であるが,この発展については地域による差が大きかった。中国ではずいぶん古くから自然数の十進法による表記法が整い,掛算の九九も整っていて,分数も〈何分之何〉という言い方で,われわれと同様な理解をしていた(九九という語は,古代中国の九九の表が〈九九八十一〉から始まっていたことによる)。古代メソポタミアでは六十進法を利用していて,分数ではなく,六十進法の有限小数を扱っていた。…

※「方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

方の関連キーワードファンドンメイ御定書百箇条父方居住制母方居住制小谷の方直方晶系恩賞奉行御納戸役久々子湖非等方性四角八面話し方暮れ方防衛省方忌み和方家御二方納戸役間配り水月湖

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方の関連情報