コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合(わ)せる アワセル

デジタル大辞泉の解説

あわ・せる〔あはせる〕【合(わ)せる】

[動サ下一][文]あは・す[サ下二]《合うようにする、一致させる、が原義》
(「併せる」とも書く)二つ以上のものを一つにする。
㋐二つ以上のものをつけて一つにする。「仏前に手を―・せる」「周辺の町村を―・せて市にする」
㋑心や力などをまとめて一つにする。一致させる。「心を―・せて事に当たる」「力を―・せて頑張る」
㋒付け加える。合計する。「三と四とを―・せると七」「人口は両村を―・せても三〇〇〇人」「今までの業績も―・せて考慮する」
㋓薬や食品などをまぜる。調合する。「二種の薬を―・せる」
二つのものを釣り合うようにする。
㋐食い違いのないように、他のものに一致させる。また、一致するように物事を行う。「音楽に―・せて歌う」「彼の予定に―・せる」「歩調を―・せる」「口裏を―・せてごまかす」
㋑釣り合うようにする。相応するようにする。調和させる。「環境に―・せた建築物」「洋服に靴を―・せる」
㋒異なる種類の楽器をいっしょに鳴らす。合奏する。「琴に尺八を―・せる」
㋓正しいかどうか、他と比べて調べてみる。照らし合わせる。「答えを―・せる」「原文と―・せる」
武器を互いに打ち合わせる。転じて、戦う。「チャンピオンとグローブを―・せる」
対抗させる。戦わせる。「練習試合で昨年の優勝校と―・せる」
夢と事実との合致を判断する。夢判断をする。
「さま異なる夢を見給ひて、―・するものを召して問はせ給へば」〈・若紫〉
夫婦にする。めあわす。
「伊勢の守もろみちのむすめを正明の中将の君に―・せたりける時に」〈大和・三九〉
比べて優劣を争う。
「詩に歌を―・せられしにも」〈増鏡・おどろの下〉
[下接句]顔が合わせられない顔を合わせる口を合わせる口裏(くちうら)を合わせる心を合わせる力を合わせる調子を合わせる帳尻(ちょうじり)を合わせる手を合わせる鬨(とき)を合わせる肌を合わせる・腹を合わせる・額(ひたい)を合わせる間(ま)を合わせる掌(たなごころ)を合わす鞭(むち)鐙(あぶみ)を合わす夢を合わす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

合(わ)せるの関連キーワードサボア人司祭の信仰告白ニコルソンの浮き秤イエロー・オーカーブレーキライニングブリガンディーンブロック式建造なめらかな曲面アルコサイトビューカメラテクニカラー対照言語学カガヤン川地質断面図人工実体視フリッターファコプスウラン資源拍子舞物アジーババックル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合(わ)せるの関連情報