コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモガニ(蜘蛛蟹) クモガニOncinopus aranea

世界大百科事典 第2版の解説

クモガニ【クモガニ(蜘蛛蟹) Oncinopus aranea】

甲殻綱クモガニ科の歩脚の長いカニ(イラスト)。甲長2cmほどの長三角形で,甲はあまり硬くない。全体に赤黄色であるが前2対の歩脚は黄色の剛毛で縁取られる。指節が鎌形であるが,後2対の脚は前節と指節で不完全なはさみを形成する。東京湾から九州まで分布し,水深30~50mの岩場の海底にすむが,個体数は少ない。クモガニの名はむしろクモガニ類spider crabの意味で使われることが多い。この場合は,食用として重要なズワイガニや世界最大のタカアシガニ,磯に多いヨツハモガニイソクズガニなども含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクモガニ(蜘蛛蟹)の言及

【カニ(蟹)】より


[分類]
 世界で約5000種,そのうち日本からは1000種あまりが記録されている。分類学的にはアサヒガニ群(アサヒガニ類),カイカムリ群(カイカムリ類),ホモラ群(ミズヒキガニ,ホモラ類),尖口群(カラッパコブシガニヘイケガニ類),尖頭群(クモガニヒシガニ類),ヒゲガニ群(イチョウガニ,ヒゲガニ類),方頭群(オウギガニ,ワタリガニ,イワガニスナガニ類),サンゴヤドリガニ群(サンゴヤドリガニ類)に分けられる。多くの種は一般に甲幅1~5cmであるが,歩脚が長いクモガニ型と短いオウギガニ型がある。…

※「クモガニ(蜘蛛蟹)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報