コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソバナ イソバナ Melithaea flabellifera

3件 の用語解説(イソバナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソバナ
イソバナ
Melithaea flabellifera

刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ヤギ目イソバナ科。一平面内に扇状に広がった樹枝状の群体で,高さ,幅とも 20cm以下。小枝(共肉部)はしばしば癒着して網目状となっている。黄色,橙黄色,鮮赤色など変異があるが,いずれも美しい色をしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イソバナ

花虫綱イソバナ科の腔腸(こうちょう)動物。群体は20cmほどの高さで扇状に広がる。枝は何回も叉状(さじょう)に分岐してときには網目状になる。色は黄から赤までいろいろあり,美しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソバナ
いそばな / 磯花
[学]Melithaea flabellifera

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ヤギ目イソバナ科に属する海産動物。太平洋側では相模(さがみ)湾、日本海側では山形県飛島(とびしま)以南に分布する。扇状の群体を形成し、枝は多数の叉(さ)状分岐をおこし、ところどころで癒着して、網状となる。骨軸は骨片を角質で固めた節部と、それが石灰化した節間部が交互に配列し、枝はかならず節部から出る。群体は高さと幅ともに、20センチメートルまでになり、体(共肉)の色は血赤、真紅、鮮赤、赤橙(せきとう)、橙(だいだい)、黄と変異に富む。ポリプは枝の前半面に分布し、背が低く、赤または黄色を帯びる。潮通しのよい浅海の低潮線から20メートルまでの岩礁の崖(がけ)面に群生する。群体上にはイソバナガニやツグチガイがついていることがある。乾燥すると節部がもろくなり各節部が容易に折れ、原形を保存するのがむずかしい。利用価値はない。近似種オオイソバナM. ocraceaは、はるかに大形で群体は高さ50~100センチメートルになり、鮮赤色でポリプは黄色を帯びる。そのほかに、背の高いポリプをもつイソバナモドキAcabaria tenuisやイソハナビA. japonicaがある。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イソバナの関連キーワードハナヤサイサンゴ刺胞動物珊瑚八放珊瑚六放珊瑚サンゴ(珊瑚)造礁サンゴ(造礁珊瑚)ノウサンゴ(脳珊瑚)ハマサンゴ(浜珊瑚)六放サンゴ亜綱

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イソバナの関連情報