コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソバナ Melithaea flabellifera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソバナ
Melithaea flabellifera

刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ヤギ目イソバナ科。一平面内に扇状に広がった樹枝状の群体で,高さ,幅とも 20cm以下。小枝(共肉部)はしばしば癒着して網目状となっている。黄色,橙黄色,鮮赤色など変異があるが,いずれも美しい色をしている。各個虫は黄色または赤色で 8本の触手をもっており,小枝の前面と両側面についている。日本固有種で,相模湾以南の太平洋岸,山形県以南の日本海岸から九州南部までに分布し,水のきれいな低潮線下の水深 20mまでの岩礁に固着する。(→サンゴ刺胞動物花虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イソバナ

花虫綱イソバナ科の腔腸(こうちょう)動物。群体は20cmほどの高さで扇状に広がる。枝は何回も叉状(さじょう)に分岐してときには網目状になる。色は黄から赤までいろいろあり,美しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソバナ
いそばな / 磯花
[学]Melithaea flabellifera

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ヤギ目イソバナ科に属する海産動物。太平洋側では相模(さがみ)湾、日本海側では山形県飛島(とびしま)以南に分布する。扇状の群体を形成し、枝は多数の叉(さ)状分岐をおこし、ところどころで癒着して、網状となる。骨軸は骨片を角質で固めた節部と、それが石灰化した節間部が交互に配列し、枝はかならず節部から出る。群体は高さと幅ともに、20センチメートルまでになり、体(共肉)の色は血赤、真紅、鮮赤、赤橙(せきとう)、橙(だいだい)、黄と変異に富む。ポリプは枝の前半面に分布し、背が低く、赤または黄色を帯びる。潮通しのよい浅海の低潮線から20メートルまでの岩礁の崖(がけ)面に群生する。群体上にはイソバナガニやツグチガイがついていることがある。乾燥すると節部がもろくなり各節部が容易に折れ、原形を保存するのがむずかしい。利用価値はない。近似種オオイソバナM. ocraceaは、はるかに大形で群体は高さ50~100センチメートルになり、鮮赤色でポリプは黄色を帯びる。そのほかに、背の高いポリプをもつイソバナモドキAcabaria tenuisやイソハナビA. japonicaがある。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イソバナの関連キーワード新城島マイビシ海域公園地区熊野灘二木島海域公園地区壱岐妻ヶ島海域公園地区対馬神崎海域公園地区島根半島海域公園地区宇和海海域公園地区佐多岬海域公園地区ヤギ(腔腸動物)牛深海域公園地区イソバナ(磯花)勝浦海域公園地区国賀海域公園地区福江海域公園地区日南海域公園地区サンゴ(珊瑚)代海域公園地区ソフトコーラルオオイソバナツグチガイカセミミズ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android