コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウンローチ クラウンローチ Chromobotia macracanthus; clown loach

2件 の用語解説(クラウンローチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラウンローチ
クラウンローチ
Chromobotia macracanthus; clown loach

コイ目ドジョウ科。全長 30cmになる。体はやや延長し,側扁する。ひげは 4対。体色は美しく,地色はオレンジ色がかった赤色で,体側に 3本の黒色横帯がある。スマトラ島ボルネオ島に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラウンローチ
くらうんろーち
crown loach
[学]Botia macracantha

硬骨魚綱コイ目ドジョウ科の熱帯淡水魚スマトラ、ボルネオ島に分布し、河川や池沼にすむ。アユモドキの仲間で、体は前後にやや寸詰まりで、黄色みがかった褐色に、幅広い黒色横帯が頭から尾の付け根にかけて三つある。胸びれ、腹びれは赤みがかっているが、成魚では黒ずんでくる。大きさは30センチメートルになるが普通は12~13センチメートル。飼育も容易で、イトミミズなどの生き餌(え)や、貝のむき身、魚の肉を吻端(ふんたん)のひげで探りながら食う。また、水槽の付着物などを口に入れるので掃除屋の異名がある。じょうぶで7、8年は生きる。[中坊徹次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクラウンローチの言及

【熱帯魚】より

…飼育はややむずかしい。(d)クラウンローチclown loach∥Botia macrocanthus(イラスト) スマトラ・ボルネオ島原産。全長30cm。…

※「クラウンローチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラウンローチの関連キーワードアジメドジョウ鮎擬縞泥鰌台湾泥鰌泥鰌汁泥鰌筌泥鰌泥鰌籠シマドジョウ(縞鰌)ドジョウ(鰌∥泥鰌)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone