クラウンローチ(英語表記)Chromobotia macracanthus; clown loach

  • Botia macracantha
  • crown loach

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬骨魚綱コイ目ドジョウ科の熱帯淡水魚。スマトラ、ボルネオ島に分布し、河川や池沼にすむ。アユモドキの仲間で、体は前後にやや寸詰まりで、黄色みがかった褐色に、幅広い黒色横帯が頭から尾の付け根にかけて三つある。胸びれ、腹びれは赤みがかっているが、成魚では黒ずんでくる。大きさは30センチメートルになるが普通は12~13センチメートル。飼育も容易で、イトミミズなどの生き餌(え)や、貝のむき身、魚の肉を吻端(ふんたん)のひげで探りながら食う。また、水槽の付着物などを口に入れるので掃除屋の異名がある。じょうぶで7、8年は生きる。

[中坊徹次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクラウンローチの言及

【熱帯魚】より

…飼育はややむずかしい。(d)クラウンローチclown loach∥Botia macrocanthus(イラスト) スマトラ・ボルネオ島原産。全長30cm。…

※「クラウンローチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android