コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラゲノミ Hyperia galba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラゲノミ
Hyperia galba

軟甲綱端脚目クラゲノミ科の海産プランクトン。体長約 1cm。体は淡褐色半透明で,淡い赤斑が点在する。頭部は大きく,その大部分を眼が占める。眼が赤いため頭部全体が赤色に見える。沿岸中層浮遊性。近縁種に,ニホンウミノミ Themisto japonica,ハサミウミノミ Hyperoche medusarum などがある。(→甲殻類節足動物端脚類軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラゲノミ

海洋で純浮遊生活を送る端脚目クラゲノミ亜目Hyperiideaに属する小型甲殻類の総称,またはクラゲノミ科の1種を指す。クラゲノミ類は,一般に眼が大きく,頭部の大部分を占めている。浮遊生活に適応して体前部が著しく大きい。ふつう体長1~10mm前後。回遊魚の天然の餌として重要。19科約320種が知られている。クラゲノミHyperia galbaは体長2.5~13mm。体は透明,淡褐色を帯び,淡赤色の斑点がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クラゲノミの関連キーワードタルマワシ(樽廻)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android