コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラスレイト状 クラスレイトじょう clathrate

1件 の用語解説(クラスレイト状の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

クラスレイト状

リューサイト(leucite)結晶表面の接線方向に,針状または太く短いずんぐりとした(stumpy)形状の輝石結晶が配列しているため境界が強調されたもの.エジリンオージャイトを含むリューシトファイア(leucitophyre)に見られる[Bowes : 1989].英語のclathrateは格子状の,格子縞の,などの意味で,化学ではクラスレートは包接化合物といい,化合物が結晶する際にある分子が別な分子の作る立体網状構造の空所に入り込んでできる化合物をいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラスレイト状の関連キーワードシュードリューサイト響岩リューサイトチングア岩リューサイト斑岩ベーサイト斑岩エピリューサイト斑岩オレンド岩カムパナイト白榴石ベーサイトリューサイト-ベーサイトエピリューサイト岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone