クラス論理学(読み)クラスろんりがく(英語表記)logic of classes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「クラス論理学」の解説

クラス論理学
クラスろんりがく
logic of classes

命題論理学前提とし,同一の論理的結合子を用いる。しかし命題論理学が命題を一つの単位となすため,その内部構造を問題にしえないのに対し,命題の構造すなわち主語,述語の関係を名辞外延 (→クラス ) の関係で表現し,論じることができる。この意味ではおのおの独立に展開されうるし,また実際そうであったものではあるが,述語論理学と密接な関係があり,理論的には名辞の外延を定める規準が性質すなわち述語であることから述語論理学によって基礎づけられ,他方実際の推理において,クラス論理学は,クラス関係の直観的把握や機械的操作の可能なところにその利点をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android