コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラティッポス Kratippos; Cratippus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラティッポス
Kratippos; Cratippus

前1世紀のギリシアの逍遙学派の哲学者。ロドスのアンドロニコスの死後同派の中心となった。彼は初めミテュレネで教鞭をとり,そこでキケロと知り合った (前 51年) 。のちアテネに移りキケロのすすめで青年たちの教育にあたる。キケロの彼に対する評価は高く,そのローマ市民権はキケロの尽力で取得された。キケロの"De divinatione"における引用から彼の予言に関する見解を知ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android