コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラモント号 クラモントごう

2件 の用語解説(クラモント号の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クラモント号【クラモントごう】

1807年米国のR.フルトンがつくった世界最初の商業的旅客輸送汽船。ハドソン川の定期商船としてニューヨークオルバニー間に就航。全長40.5m,幅5.5mで,船体の両側に直径4.6mの外車推進機を使用。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラモントごう【クラモント号 Clermont】

蒸気船として商業的運航に初めて成功したアメリカの船。R.フルトンの設計で,1807年建造,蒸気機関イギリスボールトンアンドワット会社でつくられた。全長40.5m,幅5.5m,船体の両側に直径4.6mの外車をもつ外車船である。ハドソン川のニューヨーク~オルバニー(約240km)の間で旅客輸送に使用され,これが商業的に成功を収めたことから蒸気船の実用性を証明,汽船時代の幕あけのきっかけとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

クラモント号の関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記亀山焼三菱自動車五雲亭貞秀柴田是真

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone