コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラモント号 クラモントごう

百科事典マイペディアの解説

クラモント号【クラモントごう】

1807年米国のR.フルトンがつくった世界最初の商業的旅客輸送汽船。ハドソン川の定期商船としてニューヨーク〜オルバニー間に就航。全長40.5m,幅5.5mで,船体の両側に直径4.6mの外車推進機を使用。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラモントごう【クラモント号 Clermont】

蒸気船として商業的運航に初めて成功したアメリカの船。R.フルトンの設計で,1807年建造,蒸気機関はイギリスのボールトン・アンド・ワット会社でつくられた。全長40.5m,幅5.5m,船体の両側に直径4.6mの外車をもつ外車船である。ハドソン川のニューヨーク~オルバニー(約240km)の間で旅客輸送に使用され,これが商業的に成功を収めたことから蒸気船の実用性を証明,汽船時代の幕あけのきっかけとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クラモント号の関連キーワードフィッチ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android