コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラリファイヤー clarifier

翻訳|clarifier

1件 の用語解説(クラリファイヤーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クラリファイヤー【clarifier】

清澄器ともいう。固液分離に用いられる化学装置。広義にはろ過器や回転円板型清澄器などを含むことがあり,デカンターなどの遠心沈降機を意味する場合もある。洗浄水や工場排水,上下水など大量の液体中に分散混合し濁りの原因となる微小粒状物質を沈降させ,濃厚汚泥として分離除去するとともに,粒子を含まない上澄み液を連続的に回収する装置である。液中に分散する粒子の沈降現象を利用しており,沈降を促進する前処理として懸濁液に凝集剤を添加してかきまぜフロックをつくり凝集沈降させる場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラリファイヤーの関連キーワードユーザー名凝縮器透析漏斗無水亜砒酸SH試薬カルバモイル化旋光分析唾液分泌過多唾液分泌抑制薬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone