クリストフ エッシェンバッハ(英語表記)Christoph Eschenbach

現代外国人名録2016の解説

クリストフ エッシェンバッハ
Christoph Eschenbach

職業・肩書
指揮者,ピアニスト 元パリ管弦楽団音楽監督,元フィラデルフィア管弦楽団音楽監督

国籍
ドイツ

生年月日
1940年2月20日

出生地
ブレスラウ(ポーランド・ブロツラフ)

学歴
ケルン音楽大学,ハンブルク音楽大学

勲章褒章
レジオン・ド・ヌール勲章シュバリエ章〔2002年〕

受賞
スタインウェー・コンクール優勝〔1952年〕,ミュンヘン国際音楽コンクール特別賞〔1956年〕,ミュンヘン国際音楽コンクール第2位(1位なし)〔1962年〕,クララ・ハスキル国際ピアノコンクール第1位〔1965年〕,レナード・バインスタイン賞〔1993年〕

経歴
両親の死後エッシェンバッハ家の養子となり、8歳からピアノを学んだ。1950年ハンブルクに移り、エリーツァ・ハンゼンに師事。’53年アーヘンに移り、ケルン音楽大学でハンス・シュミットに学んだ。’59年からハンブルク音楽大学で再びハンゼンに師事。ハンブルクのスタインウェー・コンクール優勝以来入賞多数。国内外で活動し、’67年米国でもデビュー。一方ジョージ・セル、ウイルベルム・ブリュックナーらに指揮を学び、’72年ブルックナーの交響曲第3番で指揮者デビュー。’80年チューリヒ・トーンハレ管弦楽団の常任、’81年ロンドン・フィル首席客員指揮者を務めた。’88年〜2000年9月ヒューストン交響楽団首席指揮者。この間、1994年〜2003年ラヴィニア音楽祭の音楽監督を兼任。また、若手の育成にも熱心で、1991〜98年札幌の教育音楽祭パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)芸術監督、’99年から北ドイツの広域音楽祭シュレースヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭の芸術監督を務める。’98年〜2004年北ドイツ放送交響楽団(NDR)音楽監督。2000〜2010年パリ管弦楽団音楽監督、2003〜2008年フィラデルフィア管弦楽団音楽監督を歴任。1969年以来数回来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android