クリプトクロム(英語表記)cryptochrome

デジタル大辞泉の解説

光エネルギーの受容体として働く色素たんぱく質。青色光の吸収スペクトル型を示す。藍藻緑藻から維管束植物まで広く存在し、植物の茎の伸長や花芽形成などに関与する。類似する物質が動物にも見つかっており、サーカディアンリズムの調節に関わりがあると考えられている。→フィトクロムフォトトロピン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android