色素蛋白質(読み)しきそたんぱくしつ(英語表記)chromoprotein

精選版 日本国語大辞典 「色素蛋白質」の意味・読み・例文・類語

しきそ‐たんぱくしつ【色素蛋白質】

〘名〙 色素蛋白質とが結合したもので、高等動物血液に含まれるヘモグロビン、下等動物ヘモシアニンなどで、酸素運搬などに関与する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「色素蛋白質」の意味・読み・例文・類語

しきそ‐たんぱくしつ【色素×蛋白質】

色素とたんぱく質とからなる複合たんぱく質ヘモグロビンチトクロムなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「色素蛋白質」の意味・わかりやすい解説

色素蛋白質
しきそたんぱくしつ
chromoprotein

複合蛋白質一種で,特定の色素と結合している蛋白質の総称。動植物中の細胞,体液中に存在する。色素部分の性質によってヘム蛋白質,クロロフィル蛋白質,フラビン蛋白質,カロテノイド蛋白質,フィコ色素蛋白質,銅蛋白質などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android