色素蛋白質(読み)しきそたんぱくしつ(英語表記)chromoprotein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「色素蛋白質」の解説

色素蛋白質
しきそたんぱくしつ
chromoprotein

複合蛋白質一種で,特定の色素と結合している蛋白質総称。動植物中の細胞,体液中に存在する。色素部分の性質によってヘム蛋白質,クロロフィル蛋白質,フラビン蛋白質,カロテノイド蛋白質,フィコ色素蛋白質,銅蛋白質などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「色素蛋白質」の解説

しきそ‐たんぱくしつ【色素蛋白質】

〘名〙 色素と蛋白質とが結合したもので、高等動物の血液に含まれるヘモグロビン、下等動物のヘモシアニンなどで、酸素運搬などに関与する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android