コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色素蛋白質 しきそたんぱくしつchromoprotein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色素蛋白質
しきそたんぱくしつ
chromoprotein

複合蛋白質の一種で,特定の色素と結合している蛋白質の総称。動植物中の細胞,体液中に存在する。色素部分の性質によってヘム蛋白質クロロフィル蛋白質,フラビン蛋白質カロテノイド蛋白質,フィコ色素蛋白質銅蛋白質などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しきそたんぱくしつ【色素蛋白質】

色素を成分として含むタンパク質の総称。生体内の酸素運搬・酸化還元反応・光化学反応に関与する。ヘモグロビン・ミオグロビン・フィトクロムなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone