コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色素蛋白質 しきそたんぱくしつchromoprotein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色素蛋白質
しきそたんぱくしつ
chromoprotein

複合蛋白質の一種で,特定の色素と結合している蛋白質の総称。動植物中の細胞,体液中に存在する。色素部分の性質によってヘム蛋白質,クロロフィル蛋白質,フラビン蛋白質,カロテノイド蛋白質,フィコ色素蛋白質,銅蛋白質などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しきそたんぱくしつ【色素蛋白質】

色素を成分として含むタンパク質の総称。生体内の酸素運搬・酸化還元反応・光化学反応に関与する。ヘモグロビン・ミオグロビン・フィトクロムなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

色素蛋白質の関連キーワードフィコエリトリンクロロクルオリンフィコシアニンヘムエリトリン酸化還元反応ヘモシアニン光化学反応複合蛋白質タンパク質

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android