コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリューエフ Nikolai Alekseevich Klyuev

2件 の用語解説(クリューエフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クリューエフ【Nikolai Alekseevich Klyuev】

1887‐1937
ロシアソ連邦の詩人。分離派教徒の農民の出身。16歳で隠舎に出入りし分離派教徒の宗教歌などを作詞。知識人を軽蔑しながらも彼自身知識人となり,農民を神格化し,神ながらの道を生きているロシア農民の楽園を夢想。シンボリズム最右翼としてメレシコフスキー夫人のギッピウスとつながり,従来の写実一辺倒の農村詩のあり方を,神秘的・宗教的内容で一変させた。この新農民詩の提唱は初期のエセーニンに影響を与えた。詩集には宗教化された自然を賛美した《松の木の全鐘音》(1912)や《森の実話》(1913),《第4のローマ》(1922)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリューエフ
くりゅーえふ
Николай Алексеевич Клюев Nikolay Alekseevich Klyuev
(1887―1937)

ロシアの詩人。農家に生まれ、ロシアを放浪。詩集『松の木の全鐘音』(1912)、『同朋(どうぼう)の歌』(1912)などで、分離派教徒の宗教詩、フォークロアの形式を取り入れ、農村ロシアを甘美に賛歌した。シンボリズムを経て新農民詩を唱え、初期のエセーニンほか農民詩人に影響を与えた。十月革命を歓迎しつつも未来のロシアに幻滅した。詩集はほかに『森の実話』(1913)、『第四のローマ』(1922)などがある。ソ連時代の1930年代初め、反動詩人としてシベリアに追放された。[工藤正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリューエフの関連キーワードイズベスチヤ落合ソ連プラウダコミソビエトロシアソ連邦ヨーロッパロシアロシア連邦労農ロシア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone