コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリロウィチ クリロウィチKuryłowicz, Jerzy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリロウィチ
Kuryłowicz, Jerzy

[生]1895.8.26. スタニスラフ
[没]1978.1.28. クラクフ
ポーランドの言語学者。 A.メイエのもとで印欧語比較言語学を学ぶ。ヒッタイト語の 音を,ソシュールの想定した印欧祖語の喉音音素と結びつけ,印欧語比較文法に新生面を開いた業績が有名。言語理論の面にも貢献がある。主著『インド=ヨーロッパ語研究』 Études indo-européennes I (1935) ,『インド=ヨーロッパ語のアクセント』L'accentuation des langues indo-européennes (52) ,"The Inflectional Categories of Indo-European" (64) ,"Indogermanische Grammatik.II.Akzent und Ablaut" (68) ,"Studies in Semitic Grammar and Metrics" (72) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリロウィチ
くりろうぃち
Jerzy Kurylowicz
(1895―1978)

ポーランドの言語学者。印欧言語学が専門であるが、著書12冊、論文233編の内容は一般言語学、歴史言語学、ロマンス語、ゲルマン語、ケルト語、スラブ語、セム語の多岐にわたる。1923~25年フランス政府留学生として、パリにおいてメイエ、バンドリエス、J・ブロックのもとで、一般言語学、印欧言語学、東洋諸語を研究、ルブフ大学、ブロツワフ大学、クラクフ大学の教授を歴任した。プラハ学派およびコペンハーゲン学派的構造主義の傾向を示す。主著『Esquisses linguistiques』(. Krakw, 1960 ; . Mnchen, 1975)、『The Inflectional Categories of Indo-European』(Heidelberg, 1964)。[下宮忠雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クリロウィチの関連キーワード日清戦争史(年表)深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)観念小説リュミエール兄弟文芸倶楽部[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android