コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語理論 げんごりろんtheory of languages

2件 の用語解説(言語理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語理論
げんごりろん
theory of languages

人が使う言語の構造や成り立ちを理解するための仮説や方法論。広い意味では,工学的な視点からの言語処理の研究分野と,言語学の世界での研究分野をも含んだ領域を示す。狭い意味では,ノーム・チョムスキーが提案した生成文法理論から広がった文法理論を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

言語理論

人工的なプログラミング言語のみならず、人間の自然言語も対象として、言語の数理的な構造や文法を扱う理論。1957年、N.チョムスキーによる人間の脳の認知機能の理論として、形式言語学が定式化され、後にコンパイラなど言語処理ソフトの設計と実現、自然言語の解析と翻訳などの技術的発展へとつながった。

(星野力 筑波大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

言語理論の関連情報