コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルンクン Klungkung

世界の観光地名がわかる事典の解説

クルンクン【クルンクン】
Klungkung

インドネシアのバリ島東部、デンパサルから40kmほどのところにある小都市。インドネシアオランダの支配下に入る前のバリ島の小王国時代、クルンクン王国の王都が置かれていた。この王国は、バリ島の正統王朝スマラプラ王朝、スマラプラ王国とも呼ばれ、1908年にオランダにより滅亡した。町の中心部に、「浮かぶ宮殿」といわれた当時のクルタゴサ(Kerta Gosa)宮殿が蓮(はす)の池に囲まれて再建されている。この宮殿の一部はのちに裁判所として使用された。この裁判所跡の天井にはバリの細密画の元となった「カマサンスタイル」で描かれた壁画が残されているほか、王族の遺品やバロンダンスの衣装、古代の出土品などを展示している博物館がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クルンクンの関連情報