クルーズ船

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クルーズ船

日本のクルーズ客船は、郵船クルーズが「飛鳥2」、商船三井客船が「ぱしふぃっく・びいなす」、日本クルーズ客船が「にっぽん丸」。このほか、日本チャーター・クルーズが団体による完全貸し切りで「ふじ丸」を運航している。外国船世界一周や北太平洋クルーズなどの途中、道内の港に立ち寄ることも多い。「ハンセアティック」は比較的小型だが、9月下旬に室蘭港へ入る「ダイヤモンド・プリンセス」は11万6千トン。

(2010-07-19 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

クルーズ‐せん【クルーズ船】

船による周遊旅行を提供するための旅客船。宿泊用の客室やレストラン・ラウンジ・プールなどを備え、長期間の旅行が可能。クルーズ客船。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クルーズ船の関連情報