クルーゾン氏症候群(読み)クルーゾンシショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

クルーゾンし‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【クルーゾン氏症候群】

乳幼児期に頭蓋骨縫合が通常より早く癒合することにより、頭蓋や顔面に尖頭・上顎発育不全・眼球突出を特徴とする変形が生じる先天性の疾患。狭頭症の一つ。症候性頭蓋縫合早期癒合症として難病に指定されている。水頭症・頭蓋内圧亢進症・睡眠時無呼吸症などを伴うことがあり、外科手術による治療が行われる。クルーゾン症候群。クルーゾン(氏)病。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android