コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレイ・ワーク クレイ・ワーク clay work

1件 の用語解説(クレイ・ワークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレイ・ワーク
クレイ・ワーク
clay work

土を焼成して作られる作品。いわゆる焼き物であるが,日常的な用途を持つ皿や茶碗などの陶芸とは違い,現代美術の表現として形態も色彩も全く自由な発想から行なわれている。諸ジャンルが混交してきた 1980年代から特に活発になり,今日では他の素材と組み合わされることも多く,単に素材に土を使用した美術ということで,クレイ・ワークが独立した1ジャンルであるという意識はしだいに薄れつつある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレイ・ワークの関連キーワード火床土釜土鈴石焼烏泥オイル焼宜興窯ホイル焼焼き締め焼き物

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone