コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレゾールセッケン液 くれぞーるせっけんえき

世界大百科事典内のクレゾールセッケン液の言及

【クレゾール】より

…おもな用途は,消毒液,クレゾール・ホルムアルデヒド樹脂,殺虫剤,塗料,木材防腐剤などであるが,これらの目的には3異性体の混合物のまま使用される。クレゾールは水に溶けにくいので,同量のセッケンと混和して可溶性をもたせ,水に溶かしたものがクレゾールセッケン液(リゾールlysolともいう)で,消毒用には1~3%の溶液が用いられる。濃厚な液が皮膚に付着すると知覚の麻痺や炎症を起こす。…

【滅菌】より

…過酸化水素は空気,光などにより分解して効力を失うので,冷暗所に保存する。クレゾールセッケン液はクレゾールを42~52%含む液体で,原液は強い刺激性があり,皮膚に直接付着すると疼痛をきたし,ついには壊死(えし)をおこすことがあるので取扱いに注意を要する。原液を1~5%に希釈して皮膚,器具などの消毒に用いる。…

※「クレゾールセッケン液」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クレゾールセッケン液の関連キーワードリゾール

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android