コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒸留水 じょうりゅうすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒸留水
じょうりゅうすい

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうりゅう‐すい〔ジヨウリウ‐〕【蒸留水】

蒸留によって精製した溶解物を含まない、無色透明・無味無臭の液体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蒸留水【じょうりゅうすい】

蒸留によって精製した水。薬局方ではpH,塩類その他について一定の純度を規定する。化学実験,薬剤の調合などに使用。空気中に放置すると炭酸ガスを吸って弱酸性(pH5.7くらい)になる(平衡水)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

蒸留水

 水を純化するために蒸留したもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうりゅうすい【蒸留水 distilled water】

蒸留によって精製した水をとくにこのようによぶ。蒸留によらずイオン交換樹脂などを用いて,脱塩精製した水も蒸留水と同じように用いることがあり,日本薬局方では蒸留水とあわせて精製水purified waterとよんでいる。また純粋な水は電気抵抗が高く,溶液の導電率測定に用いることができる程度に精製したもの(電気抵抗1×106Ω・cm以上,通常の蒸留水は105Ω・cm程度)は伝導度水conductivity waterといっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうりゅうすい【蒸留水】

蒸留により得た純度の高い水。物理的・化学的な実験その他に広く利用される。二酸化炭素の溶解のため微酸性を示す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒸留水
じょうりゅうすい
distilled water

蒸留によって精製した水。水は多くの物質を溶かしやすく、われわれの身の回りにある水、すなわち水道水、井戸水、河川水などは各種の有機物、無機物などを含んでいて純粋な水ではない。したがって化学的な操作や医薬品などとして純粋な水が必要なときは、水道水や井戸水などを加熱、沸騰させ、発生した水蒸気を冷却、凝縮させて蒸留水とする。
 蒸留水をつくるのには各種の装置がくふうされている。ガラス製装置では微量のアルカリ、銅製では微量の銅などが混入してくるが、石英製のものでは不純物の混入が少ない。さらに空気中で蒸留すると、空気中の浮遊物が入り込むし、二酸化炭素や空気も溶け込んでくる。したがって精密な実験をするときには、1回蒸留した水に少量の過マンガン酸カリウムを加え、硬質ガラスあるいは石英容器中で再蒸留したものが用いられる。純粋な水の水素イオン濃度(pH)は7であり、これを平衡水というが、空気中に放置すると二酸化炭素を吸収して弱酸性のpH5.7程度となる。
 イオン交換樹脂などを用いて精製した水を蒸留水と同じように用いることがあり、これらをあわせて精製水といっている。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蒸留水の関連キーワード出・吹・垂・帥・悴・推・水・炊・睡・穂・穗・粋・粹・翠・衰・遂・酔・醉・錐・錘・陲・隧クレーム・ド・フランボワーズミネラルウォータールミノール試験Alumiteクロム酸混液リンガー溶液アンモニア水Rホメオパシーエングラー度脱イオン水キログラム生理食塩液メートル法未熟児保育生理食塩水ルゴール液リンゲル液二酸化炭素

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蒸留水の関連情報