コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレムリン武器庫博物館 クレムリンぶきこはくぶつかん Oruzheinaya palata moskovskogo Kremlya

1件 の用語解説(クレムリン武器庫博物館の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クレムリンぶきこはくぶつかん【クレムリン武器庫博物館 Oruzheinaya palata moskovskogo Kremlya】

ロシアの国立博物館で,装飾品の収蔵で知られる。16世紀にモスクワクレムリン内に創設された武器の製造場兼収蔵庫を前身としている。17世紀にはイコンアトリエとしても用いられた。18世紀初頭ロシアの首都がペテルブルグに移ってからは,帝室所有の貴重品を収める宝物殿となり,1813年に博物館として発足した。現在ここには武器,防具類のほか,キエフ・ロシア時代の王冠をはじめ,代々のツァーリの玉座や衣服や馬車,金・銀製の食器,金糸と真珠をちりばめた高位聖職者のための僧衣などが数多く収められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クレムリン武器庫博物館の関連キーワードエレバン京都国立博物館東京国立博物館奈良国立博物館毛利博物館国立博物館九州国立博物館帝室博物館国立文化財機構浜田隆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone