コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金糸 キンシ

デジタル大辞泉の解説

きん‐し【金糸】

金色の糸。
金箔(きんぱく)を和紙にはりつけ細く切って縒(よ)ったり、金箔を細く切って絹糸などの周囲に縒りつけたりしたもの。金襴(きんらん)などの織物や刺繍(ししゅう)などの装飾用とする。
堆朱(ついしゅ)の一。黄色と赤色の漆を塗り重ねて、彫り目にいく筋もの線を表した漆器。
金めっきをした細い金属線。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きんし【金糸】

金を用いた糸の総称。切金(きりかね)をそのまま糸として用いるものと,〈箔糸(はくいと)〉としたものとがある。前者はヨーロッパ,西アジア地方でもっぱら用いられるいわゆるメタル・ヤーンで,細断した切金をそのまま,あるいは絹糸などに巻きつけて用いるもの。後者は中国およびその影響を受けた朝鮮,日本で用いられるもので,丈夫な紙に漆や膠などで金箔を貼りつけ,これを細断して平金糸(ひらきんし)(平箔糸)として用いたり,絹糸に巻きつけて撚金糸(よりきんし)として用いたりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんし【金糸】

金箔きんぱくを貼った和紙を細く切ったもの。また、この糸や金箔を絹糸に巻きつけたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

金糸の関連キーワード金華山織り・金華山織ゴールデンモンキーエクステンション縫い取る・縫取るカナリーイエロー撚り金・縒り金ブロケード紙縒り締め金紗・錦紗満城漢墓日本刺繍日月の旗金糸昆布江戸刺繍ワッペン織交ぜる化粧回し金モール金縷玉衣荒磯緞子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金糸の関連情報