金糸(読み)きんし

精選版 日本国語大辞典「金糸」の解説

きん‐し【金糸】

〘名〙
金色。薄紙に金箔(きんぱく)を置いて細く切ったものや縒(よ)ったもの、銀・銅の針金に金着(きんきせ)したもの、絹糸・綿糸・レーヨン糸などの芯に金の切箔を縒りつけたものなど。金襴(きんらん)織物、刺繍(ししゅう)、縫い取りなど種々の装飾に用いられる。金紗(きんしゃ)。金(きん)
※菅家文草(900頃)六・賦新煙催柳色「翠黛開眉纔画出、金絲結繭未繰将
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「襦袢の半襟も黒縮緬に金糸(キンシ)で」
芸の一種。堆朱(ついしゅ)に類似するが、深い彫り目に朱漆と黒漆の重なりによる筋が多く見える。〔君台観左右帳記(1511)〕
③ 沈香木の外観での分類名称。縦断面に樹脂分が①のように輝いて見えるもの。特に上質の新伽羅に見受ける。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「金糸」の解説

きん‐し【金糸】

金色の糸。
金箔きんぱく和紙にはりつけ細く切ってったり、金箔を細く切って絹糸などの周囲に縒りつけたりしたもの。金襴きんらんなどの織物や刺繍ししゅうなどの装飾用とする。
堆朱ついしゅの一。黄色と赤色の漆を塗り重ねて、彫り目にいく筋もの線を表した漆器
金めっきをした細い金属線。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「金糸」の解説

きんし【金糸】

金を用いた糸の総称切金(きりかね)をそのまま糸として用いるものと,〈箔糸はくいと)〉としたものとがある。前者はヨーロッパ,西アジア地方でもっぱら用いられるいわゆるメタルヤーンで,細断した切金をそのまま,あるいは絹糸などに巻きつけて用いるもの。後者は中国およびその影響を受けた朝鮮,日本で用いられるもので,丈夫な紙に漆やなどで金箔を貼りつけ,これを細断して平金糸(ひらきんし)(平箔糸)として用いたり,絹糸に巻きつけて撚金糸(よりきんし)として用いたりする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「金糸」の解説

【金糸】きんし

黄金の糸。〔杜陽雑編、下〕同昌七寶(ほれん)に乘る。~其の上に仍(な)ほ絡するに眞珠玳瑁(たいまい)を以てし、金絲をと爲す。

字通「金」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android