クロイト(英語表記)Albert C.Kruyt

世界大百科事典 第2版の解説

クロイト【Albert C.Kruyt】

1869‐1949
オランダの宣教師で人類学者。宣教師として教育を受け,1891年にインドネシア(当時のオランダ領東インド)のスラウェシに移住し,同島中部ポソ湖畔において約40年にわたる布教活動のかたわら,研究に従事した。彼の研究地域はスマトラにも及び,とくにアニミズムの研究において,〈霊質Ziel stof〉という概念を提唱し,宗教民族学に多大の貢献をした。【永積

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android