コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗教民族学 シュウキョウミンゾクガク

デジタル大辞泉の解説

しゅうきょう‐みんぞくがく〔シユウケウ‐〕【宗教民族学】

宗教学の分野の一。主に未開民族の宗教現象を、心理学文化史社会学・人類学などの方法で研究するもの。宗教人類学。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうきょうみんぞくがく【宗教民族学】

宗教学と民族学の交錯する領域に成立する学問分野。諸民族ことに未開社会の宗教の研究を中心とし、古代や先史時代の宗教も取り上げて研究する。宗教人類学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗教民族学
しゅうきょうみんぞくがく

宗教人類学」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗教民族学
しゅうきょうみんぞくがく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宗教民族学の関連キーワードアルベルト・C. クロイト生殖器崇拝宇野 円空宇野円空先史時代未開社会棚瀬襄爾杉浦健一クロイト民族学宗教学古代領域

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗教民族学の関連情報