コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロス・タビュレーション クロス・タビュレーションcross tabulation

2件 の用語解説(クロス・タビュレーションの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロス・タビュレーション
クロス・タビュレーション
cross tabulation

クロス集計ともいう。社会調査の集計法の一つ。2つ以上の標識に関する度数分布を同時にとって集計することにより,項目間の関係,つまり相関を調べることができるような表作成方式をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

DBM用語辞典の解説

クロス・タビュレーション【cross tabulation】

いくつかの質的なデータ相互の関係を調べる一般的な手法としてクロス集計表がある。例えば、ある意見に賛成・反対を男女別に集計した分類表にしたものを、2×2のクロス表と呼ぶ。月曜日に生産された車は水曜日に生産された車よりも品質が悪いという結果を出すこともクロス・タビュレーションの手法。クロス・タビュレーションは、例えば、地域によって広告の受け入れられ方がどう違うかなど消費者調査でよく使われる。画面上に出力されるものはクロス・スクリーンという。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
DBM用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone