コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロップ機能 くろつふきのう,くろっぷきのう

1件 の用語解説(クロップ機能の意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

クロップ機能

 ニコンD2Xで採用された機能のひとつで、画面の中央部だけを使って、読み出しを高速化して、連写性能を上げたもの。つまり、電子ズームデジタルズーム)で、画面をトリミングしてズーム効果を得るのと基本的には同じである。ただし、D2Xの場合、撮像素子全体では12.4メガという高画素のため、中央部をクロップしても、6.3メガ(630万画素)と普及タイプのデジタル一眼レフなみの画素数を持つ。これにより毎秒約8コマの連写性能を得ているわけである。ただし、画面中央部だけを使うため、全視野と区別するために、ファインダー内には撮影範囲を示す赤いフレームが表示されるスクリーンを使う。なお、クロップは英語のcropで、 トリミング と同じ意味である。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

クロップ機能の関連キーワードイタリック体ネットワークプロテクトパソコンBGA一つ一つSECAM画像合成機能リンク債プライス・ルックアップ拍車 (gaff、spur)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone