コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非線形力学 ひせんけいりきがくnonlinear dynamics

世界大百科事典 第2版の解説

ひせんけいりきがく【非線形力学 nonlinear dynamics】

一般に,事象が一定の法則に従って時間的に推移するとき,これを定量的に時間の関数として表す課題を広い意味で力学と呼ぶことにし,その法則が,事象を表す変数x(一つとは限らないのでベクトルで表す)の時間tに関する常微分方程式, dx/dtfμ(x)  ……(1) の形で示される場合を考える。f添字μは外的な条件によって変化しうるパラメーターを意味し,方程式(1)の解がその変化によって受ける変動のようすを調べるのに用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

非線形力学の関連キーワードクラウス マインツァーマーク ブキャナンボゴリューボフ常微分方程式線形[関数]集団生物学ベクトル物性論複雑系

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android