コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロッホマール Krochmal, Nachman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロッホマール
Krochmal, Nachman

[生]1785.2.17. ガリシア,ブロンディー
[没]1840.7.31. テルノーポリ
ポーランド出身のユダヤ教の哲学者,歴史家。東ヨーロッパのハスカラ運動の指導者の一人。マイモニデスとドイツ観念論の影響を受けた。諸民族の属性は絶対精神すなわちイスラエルの神の顕現であり,その意志を世界に実現することがユダヤ民族の理想であり運命であり,しかもユダヤ教は他のすべての文化を包括していると考えた。ユダヤの文化的愛国主義,文化的シオニズムの先駆者。主著『現代の悩める者への手引き』 Moreh Nevukhei ha-Zemanは死後出版 (1851) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クロッホマールの関連キーワードベルトレ三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝カートライト(Edmund Cartwright)コンドルセ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android