コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロナカ クロナカ Cronaca, Il

2件 の用語解説(クロナカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロナカ
クロナカ
Cronaca, Il

[生]1457.10.30. フィレンツェ
[没]1508.9.21. フィレンツェ
イタリア・ルネサンス期の建築家。本名 Simone del Pollaiuolo,あだ名のイル・クロナカは記録者の意。 G.バザーリによれば,ローマで古代建築を研究し,1480年にフィレンツェに帰郷後,89~1500年,パラッツォ・ストロッツィの建築に従事,中庭とコーニスを完成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロナカ
くろなか
Cronaca
(1457―1504)

イタリアの建築家、彫刻家。クロナカは通称で、本名はシモーネ・デル・ポライウオーロSimone del Pollaiuolo。画家として著名なアントニオピエロのポライウオーロ兄弟の従兄弟(いとこ)にあたる。細部については不明であるが、ある不行跡のかどでフィレンツェからローマへ逃避を余儀なくされたことがあり、そこで古代建築の研究に明け暮れる時期があった。1491年にフィレンツェに帰ると同時に、ベネデット・ダ・マイアーノによって起工されていたパラッツォ・ストロッツィの造営を完了すべく監督者に任用された。そしてこのモニュメンタルな建物の中庭と、古典的簡素さを示す軒蛇腹(のきじゃばら)(コーニス)を自らデザインした。95年にはフィレンツェ大聖堂とパラッツォ・ベッキオの工事監督者に登用され、後者の大会議室の設計にあたったが、これはのちにバザーリによって大幅に修正された。代表作には晩年に建立されたサン・サルバトーレ・アル・モンテ聖堂(1500)があげられる。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロナカの関連キーワードフィレンツェ方言フィレンツェ歌劇場管弦楽団フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団フィレンツェの思い出フィレンツェマラソンフィレンツェ五月音楽祭フィレンツェ人文主義フィレンツェ洗礼堂フィレンツェ・モザイクフィレンツェ風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone