コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロビオ クロビオClovio, Giulio

1件 の用語解説(クロビオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロビオ
Clovio, Giulio

[生]1498. グリザーネ
[没]1578.1. ローマ
クロアチア生れのイタリア・ルネサンス期の司祭,画家,ミニアチュリスト。 1516年イタリアに出て,3年間枢機卿マリノ・グリマニに仕え,24~25年ハンガリールートウィヒ2世の宮廷にとどまり,帰国。パドバ近くのカンディアナ修道院で画家ジロラモ・ディ・リブリに会い,ミニアチュールを学ぶ。その後,ペルジャで再びグリマニに仕え,37年以降は,枢機卿アレッサンドロ・ファルネーゼに仕えた。作品,ナポリ国立図書館所蔵の『詩篇』およびモーガン図書館所蔵の『ファルネーゼの時祷書』は,枢機卿のために制作されたもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クロビオの関連キーワード丸山城アビス朝ポライウオロ[兄弟]士禍ブロアバロア朝明応の地震尼子勝久高橋鑑種御館の乱

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロビオの関連情報