クロミドリシジミ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロミドリシジミ
くろみどりしじみ / 黒緑小灰蝶
[学]Favonius yuasai

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。本州(岩手、山形、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、長野、山梨、愛知、広島、山口の各県)、九州(熊本、宮崎の両県)に分布、北海道、四国には現在までの知見では産しない。外国では朝鮮半島に産するのみ。はねの開張は30~35ミリメートル。雄のはねの表面はほかのミドリシジミ類のように金緑色ないし青緑色に強く光らず、鈍い銅色ないし暗緑色の光沢があり、和名はこの特徴からきている。年1回の発生(6~8月)、雌は10月まで生き残り秋期に産卵する。幼虫の食草はブナ科のクヌギ、アベマキ。コナラで幼虫が発見されたこともある。越冬態は卵である。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android