コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロミドリシジミ クロミドリシジミ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロミドリシジミ

ミドリシジミ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロミドリシジミ
くろみどりしじみ / 黒緑小灰蝶
[学]Favonius yuasai

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。本州(岩手、山形、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、長野、山梨、愛知、広島、山口の各県)、九州(熊本、宮崎の両県)に分布、北海道、四国には現在までの知見では産しない。外国では朝鮮半島に産するのみ。はねの開張は30~35ミリメートル。雄のはねの表面はほかのミドリシジミ類のように金緑色ないし青緑色に強く光らず、鈍い銅色ないし暗緑色の光沢があり、和名はこの特徴からきている。年1回の発生(6~8月)、雌は10月まで生き残り秋期に産卵する。幼虫の食草はブナ科のクヌギ、アベマキ。コナラで幼虫が発見されたこともある。越冬態は卵である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クロミドリシジミの関連キーワードアベマキ白水

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android